スポンサーリンク



KinKi Kids復活!堂本剛、突発性難聴から回復

ついにKinKi Kidsが帰ってくる…!

10/29に、さいたまスーパーアリーナで開催される『テレビ朝日ドリームフェスティバル2017』に出演が決まった!!

デビューからずっとファンなので、一時はどうなるかと思いましたが、本当に嬉しい!!!

KinKi Kidsと言えば、剛くんが6/27に突発性難聴を発症して入院していましたね…。

それからずっと、出演予定だったテレビ番組やイベントを欠席して、治療に専念していました。

退院したあとも、「ライブや爆音にさらされるのは、どこまで耐えられるのかが分からない」と、音楽活動をするにはまだまだでしたから。

その堂本剛を…KinKi Kidsを苦しめた「突発性難聴」とは、どんなものなのか。誰にでも起こりうるものなのか?

スポンサーリンク



●突発性難聴とは?

突発性難聴とは、感音性難聴の一種。片耳がいきなり聞こえなくなる…!

突発性 なので、本当にいきなりなるみたいです。誰でも。

一般的には、40~50代が多いと言われていますが、最近では若い人も増加傾向に。

前兆としては、耳が詰まった感じや耳鳴り、くらくらと目まいがすることがあったら要注意。

そのあとに聞こえが悪くなってきたらスグに病院へ!!

ちなみに、突発性難聴の副症状としては、耳鳴りとめまい、あとは吐き気があります。

突発性難聴が治るかどうかの生命線は、どれだけ早く治療を始められるか。

出来れば2日以内(48時間以内)、遅くとも2週間以内に耳鼻科で診察を受ける必要があります。

●突発性難聴の原因は?

実は、明確な原因は分かっておらず。

有力な説は「ウィルス感染説」「内耳循環障害説」というものがあります。

明確な原因が分からないので、対策のしようがありませんね…。どうしたらいいんだろう。

とにかく違和感があったら耳鼻科を受診しましょう。

●突発性難聴の治療方法は?

治療方法については、剛くんもチラッと言っていましたが

「安静第一」らしいです。

大きい音などは当然避けなければいけません。が、普通に生活していて、いつどこで大きな音がするかなんて分かりませんから、生活しづらくなってしまいますね…。

色んな所に気を使わないといけないので、ストレスが溜まりそう…。

あとは、薬の投与。ステロイドが使われることが多いみたい。

しかし、ここまでやっても完治する確率は3分の1らしいです。

症状が緩和されるのが3分の1。残りの3分の1は改善がみられないことも…。

剛くんの状況は、どれくらいなのでしょうか。

その辺までは詳しく分からないので、やはり心配です。

●突発性難聴の後遺症は?

完治したら問題はありませんが、そうでない場合は後遺症が残る可能性が。

代表的な症状としては、耳鳴りや目まい、難聴のような症状が残る場合があるみたい。

とにかく後遺症を残さないためにも、48時間以内に診察を受けるようにしましょう。

予防策としては、とにかく日ごろから健康に気を付けることです。

ウィルス感染説に対しては、ウィルスに感染しないように免疫を下げないようにすることで突発性難聴の予防となる可能性がありますし

内耳循環障害説に対しては内耳の血液循環が悪くならないようにする=運動や食生活・過度な飲酒喫煙を避けることで予防となります。

本当に誰でも発症する可能性がある突発性難聴。

剛くんは完治したのかどうか…後遺症は?様々な心配がありますが

今は、復帰おめでとうございます!ということにしておきましょう。

早く元気な姿を見たいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク