スポンサーリンク



鈴木亮平・錦戸亮が兄弟役!2018年大河ドラマ「西郷(せご)どん」とは

昨日から始まった朝の連続テレビ小説「わろてんか」が初回視聴率20%超えをし、素晴らしいスタートを切ったNHKですが、来年放送予定の大河ドラマ「西郷(せご)どん」で、関ジャニ∞の錦戸亮さんを起用することを決めました!

錦戸亮さんは大河ドラマ初出演。

注目度が一気に上がった大河ドラマ「西郷(せご)どん」とは、一体どのようなドラマなのでしょうか。

スポンサーリンク



●NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の概要

放送予定は2018年1月7日(日)よる8時放送スタートで、全50回。

物語は…

西郷隆盛(小吉、吉之助)は、薩摩(鹿児島)の貧しい下級武士の家に育った。両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。西郷家はますます貧乏になり、家族はあきれかえるが、西郷は空腹を笑い飛ばす。

そんな愚直な西郷に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬(しまづ・なりあきら)が目を留めた。「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と強く主張する斉彬に、西郷も心酔する。西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走。薩摩のキーパーソンとなっていく。

生涯の師・斉彬との出会いと別れ。篤姫との淡い恋。仲間との友情と反目。多感な青年期を経て、三度の結婚、二度の島流し…。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男は、南国奄美で愛に目覚め、勝 海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく。

「西郷(せご)どん」公式サイトより引用

知ってるつもりの「西郷隆盛」像をぶち壊す

日本史上、最もスケールの大きな主人公。
日本人、薩摩人、武士という枠を乗り越えてしまう、大きな男。

坂本龍馬は、西郷のことを「小さくたたけば小さく響き、大きくたたけば大きく響く男。もし馬鹿なら大馬鹿で、利口なら大利口だ」と言った。

またある人は「餅のような人」という。そばに来る人とすぐ共感し合って、並べて焼いた餅のように溶け一体化してしまう。昔の日本人でそんな人は西郷が唯一無二であり、「全てを飲み込む人並外れた感受性の男」であったという。

またある人は「桜島のごとき人」という。「わかりもした」の一言で時代を変えてしまう。いざ決断したら怒とうの噴火をあげる。

「決して聖人君子ではない。純粋な子どもそのものの面と、はかりごとを始めると悪辣(あくらつ)な事をいくらでも思いつく頭脳を兼ね備えている。しかし、西郷という個性の男をもってしなければ、新しい日本は生まれなかった」

その素顔は謎に満ちていて、肖像写真は一枚も残されていない。
一度あったら誰もがひき込まれたという澄んだ瞳。
飢えや貧しさを吹き飛ばしてくれる温かいユーモア。
全身からあふれる深い慈愛……。
そして、もう一つの顔は、戦の天才で革命家。
間違った世界をぶっ壊すためには、手段を選ばず、徹底的にたたきのめす。
その二つの面をあわせ持つ複雑な人物。

上野の銅像や、世間がイメージする太った無口な男ではなく、
今回は、エネルギーのみなぎる、全く新しい『西郷どん』を描きます。

「西郷(せご)どん」公式サイトより引用

出演者

  • 西郷吉之助(さいごう きちのすけ)/隆盛(たかもり)…鈴木亮平
  • 愛加那(あいかな)…二階堂ふみ
  • 西郷従道(さいごう じゅうどう)/信吾(しんご)…錦戸亮
  • 大久保満寿(おおくぼ ます)…ミムラ
  • 桂久武(かつら ひさたけ)…井戸田潤
  • タマ…田中道子
  • 阿部正弘(あべ まさひろ)…藤木直人
  • 月照(げっしょう)…尾上菊之助
  • 徳川家定(とくがわ いえさだ)…又吉直樹
  • 調所広郷(ずしょ ひろさと)…竜雷太
  • 井伊直弼(いい なおすけ)…佐野史郎
  • 徳川斉昭(とくがわ なりあき)…伊武雅刀

この他にも、「大久保一蔵 役」で瑛太さんや「島津斉彬(しまづ・なりあきら)役」で渡辺謙さんなど、超豪華な出演者が多数揃っています。

因みにですが、読み方は「さいごうどん」ではなく「せごどん」ですのでお気をつけください(・∀・)

僕も間違えましたww

今後加速していきそうな大河ドラマ「西郷(せご)どん」

来年の1月に放送スタートですので、注目してみます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。